消防設備保守点検

火事はいつ発生するか判りません。また万が一の際に防災設備機能を果さなければ設置している意味がありません。
防火対象物の関係者(所有者・管理者・占有者)は、消防法に基づき設置された消防用設備等を定期的に点検して、
その結果を消防長又は消防署長に報告することが義務付けられています。当社は消防設備保守点検業務については、
消防設備一流メーカー様とのコラボレーションを行っており皆さまへの安心・安全をご提供させていただいており
ます。経験豊富なスタッフが確実な点検・改修を実施いたしておりますので、是非当社におまかせください。

  • ※消防法第17条の3の3(消防用設備等又は特殊消防用設備等の点検及び報告)
  • ※罰則 ・点検結果の報告をせず、又は虚偽の報告をした者は30万円以下の罰金又は拘留
  • 【拘留】
  • (消防法第44条第11号)
  • ・その法人に対しても上記の罰金(消防法第45条第3号=両罰規定)
消防設備一流メーカーとのコラボレーションにより
消防設備保守点検業務の安心と安全をご提供させていただいております。
点検設備
消火器 避難器具 誘導灯 非常警報設備
消防機関へ通報する
火災報知設備
スプリンクラー設備 泡消火設備 非常放送設備
ハロゲン化物消火設備 二酸化炭素消火設備 粉末消火設備 住宅用火災警報器
福祉施設用消防設備 屋内・屋外消火栓設備 各種防災用品 ガス漏れ火災警報設備
連結送水管設備 防火扉/防火シャッター 非常用の照明装置 漏電火災警報器
点検イメージ1点検イメージ2

消防設備保守点検の流れ

消防設備保守点検を行う際の一般的な業務の流れは以下のとおりです。

点検の流れ
  • お問い合わせ
    • お客様から電話またはホームページよりお問い合わせを承ります。
  • お打ち合わせ
    • お客様のヒアリングと現場調査にお伺いしてお打ち合わせをさせていただきます。
  • お見積もりご提出
    • お打合せの内容に従ってお見積りを作成させていただきます。
  • ご契約
    • 物件ご情報を確認させていただき、弊社と保守点検契約を結びます。
  • 保守点検実施
    • 消防設備点検を実施いたします。
  • 結果のご報告書を作成
    • 消防設備点検の結果にもとづき、報告書を作成させていただきます。
  • 消防署への報告
    • 管轄の消防署に報告書を提出させていただきます。
  • 不良箇所の整備報告と改修のご提案
    • 不良箇所があった場合は、速やかにご報告を行い、その後整備改修のご提案をさせていただきます。
保守点検後のアフターフォローについてもご対応させていただいております。 保守点検後のアフターフォロー 消防関連商品販売

消火器、消火器設置台、消火器格納箱、自動火災報知設備、避難器具、非常持ち出し袋、スプリネックス
(パッケージ型自動消火設備)など各種消防関連商品を豊富に取扱いをしています。また設備の設置工事が
必要な場合も経験豊富なスタッフが作業をご担当させていただきます。

消防関連商品

お問い合わせ